2018/03/29
道後公園

最近はすっかり暖かくなりましたね。そよ風が心地よい季節です。

さて、今回は道後温泉からもほど近い「道後公園」をご紹介いたします。

 

道後公園は直径約350mの円形状の公園で、中央部分は30mほどの高さの丘陵地となっています。

公園全域が中世から近世にかけてこの地を統治した河野氏の居城「湯築城跡」であり、国史跡にも指定されています。

園内には掘や土塁が当時の姿のまま残っているほか、中世の武家屋敷や土堀が復元されており

当時の武士の暮らしぶりを垣間見ることができますよ。

 

そしてこの道後公園、桜の名所としても多くの方に親しまれています。

 

園内はソメイヨシノを中心に約370本の桜が咲き誇っています!

撮影当日は快晴とういうこともあって、お花見を楽しむお客様で大変賑わっておりました。

 

道後公園の桜の見ごろは4月上旬までだそうです。

道後に立ち寄られた際は、ぜひこのきれいな桜をご覧になってください。

 

 

2018/03/07
道後温泉まつり

3月19日(月)~21日(水)にかけて、道後に春を告げるおまつり「道後温泉まつり」が開催されます。

 

温泉の繁栄を願う神事の「湯祈祷」から始まり、期間中は「餅まき」や「道後温泉おどり」

毎年多くの注目を集める「女みこしかきくらべ」など

道後温泉本館や道後商店街周辺にて様々なイベントが行われます。

 

期間中は皆様お誘いあわせの上、ぜひ道後にお越しください。

 

※当日は弊社のface bookにて、道後温泉まつりの様子をご紹介いたします!ぜひこちらもご覧になってください。

 

 

 

2018/02/27
道後温泉本館・空の散歩道

道後の観光スポットと言えば「道後温泉本館」を挙げられる方が多いのでは。

今回は道後温泉本館を一望できる、絶好の写真撮影スポット

「空の散歩道」をご紹介いたします。

 

空の散歩道は道後温泉本館南側の冠山駐車場に隣接してある高さ約20メートルの遊歩道です。

空の散歩道からはずっしりと重厚感のある道後温泉本館と道後の温泉街全体を見渡すことができます。

 

本館といえば正面から見る画が定番ですが

上から全体を見下ろしてみると、建物の複雑な造りや大きさがより際立って見えますね。

 

そしてこの空の散歩道、夜にはまた違った景観を楽しむことができます。

館内からこぼれる光や屋上の赤いぎやまん張りの振鷺閣(しんろかく)、ガス燈の明かりが

幻想的な雰囲気を醸し出し、昼間にはない艶やかさを見せてくれます。

 

昼と夜で違う表情を見せてくれる道後温泉本館。

ぜひ空の散歩道からのその風景をお楽しみください。

 

 

 

2018/02/15
道後商店街

皆様こんにちは。

松山市の観光情報、今回は「道後商店街」をご紹介いたします!

道後商店街は道後温泉駅から道後温泉本館前へと続くL字型のアーケード街で

「道後ハイカラ通り」の愛称で親しまれています。

 

↓こちらが道後商店街の入り口です↓

道後商店街の入り口近くには、坊っちゃんからくり時計と足湯もあります。

 

道後商店街には松山銘菓のタルトや坊っちゃん団子、

今治タオルや砥部焼きなど地元愛媛の名産品をそろえたお土産屋さんがずらり!

ご当地グルメや郷土料理を楽しめるお店もたくさんあります!

観光にはぴったりの商店街ですね(^^)

  

 

また現在アーケード内では「道後オンセナート2018」梅佳代氏の作品「坊っちゃんたち」が展示されています。

  

歴史情緒あふれる道後温泉本館と少年たちのはじける笑顔が素敵な作品です。

 

グルメやショッピング、現代アートと愛媛の魅力がたっぷりつまった「道後商店街」。

道後温泉本館にも近いので、温泉の合間に散策してみるのも楽しそうです!

皆様もぜひ遊びにきてください 😀 

2018/02/07
飛鳥乃湯泉

先月に引き続き今月も寒い日が続いております。

こんな寒い日に恋しくなるのは温泉ですね。

と言うわけで今回は

昨年の12月26日にグランドオープンした「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」をご紹介いたします!!

 

飛鳥乃湯は道後温泉本館が今年秋から約7年の

工事に入るのに合わせて建設された温泉施設で

なんといっても目を引くのはその外観です!

 

豪華絢爛な建物は飛鳥時代の建築様式をコンセプトに造られており

てっぺんには道後温泉のシンボルでもあります白鷺が見えます。

 

外観だけではござません!館内も地元愛媛の伝統工芸を取り入れた装飾や作品で彩られております。

今回は個室休憩室の壁面装飾をご紹介いたします。

↓桜井漆器↓

↓西条だんじり↓

↓伊予水引↓

↓筒描染↓

 

このほかにも、今治タオルで椿の花を制作した個室休憩室や約60畳の大広間の休憩室もございます。

 

また大浴場には砥部焼の胸板壁画が設置してあり、なんとこちらの壁画には30分に1回

和歌をイメージしたプロジェクションマッピングが上映されます。

朝、昼、夜で、流れる画が違うそうなので時間帯を変えて

入浴してみるのも楽しそうですね。

 

この他にも、本館にはない露天風呂があったり、皇室専用浴室「又新殿(ゆうしんでん)」を

再現した特別浴室があったりと魅力満載の「道後温泉 飛鳥乃湯」。

皆様もぜひ足を運んでみてはいかがですか。