2018/02/07
飛鳥乃湯泉

先月に引き続き今月も寒い日が続いております。

こんな寒い日に恋しくなるのは温泉ですね。

と言うわけで今回は

昨年の12月26日にグランドオープンした「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」をご紹介いたします!!

 

飛鳥乃湯は道後温泉本館が今年秋から約7年の

工事に入るのに合わせて建設された温泉施設で

なんといっても目を引くのはその外観です!

 

豪華絢爛な建物は飛鳥時代の建築様式をコンセプトに造られており

てっぺんには道後温泉のシンボルでもあります白鷺が見えます。

 

外観だけではござません!館内も地元愛媛の伝統工芸を取り入れた装飾や作品で彩られております。

今回は個室休憩室の壁面装飾をご紹介いたします。

↓桜井漆器↓

↓西条だんじり↓

↓伊予水引↓

↓筒描染↓

 

このほかにも、今治タオルで椿の花を制作した個室休憩室や約60畳の大広間の休憩室もございます。

 

また大浴場には砥部焼の胸板壁画が設置してあり、なんとこちらの壁画には30分に1回

和歌をイメージしたプロジェクションマッピングが上映されます。

朝、昼、夜で、流れる画が違うそうなので時間帯を変えて

入浴してみるのも楽しそうですね。

 

この他にも、本館にはない露天風呂があったり、皇室専用浴室「又新殿(ゆうしんでん)」を

再現した特別浴室があったりと魅力満載の「道後温泉 飛鳥乃湯」。

皆様もぜひ足を運んでみてはいかがですか。